こころ・からだ

在宅ワークに落ちまくって知った、自分のポンコツっぷり

わたしって、こんなにポンコツだったんだなぁ。
と、ここんところめっちゃ感じる今日この頃。

わたしはポンコツ

高校卒業からすぐにバイト初めて、いろんな仕事転々として、
どこ行ってもわりと卒なくこなして来ちゃったもんだから
「わたしはできる女」と思ってきたけれど、全然ポンコツだった。

そう感じたのも、心病んで休んでたけどそろそろ金も稼がなきゃいけない。
でもいきなりフルタイムでっていうのはきついので、
お家でできる仕事を探そうと思い、在宅ワークを紹介するサイトに登録。

いろんな仕事に応募してみるものの、ことごとく落ちまくり。
えー、どうしよー。

そりゃそうだよ。
大学行ってない。
日商簿記は3級。
英会話が上達しない。

学歴も使える技術も資格もなーんも持ってない。
在宅ワークという世界では、「人柄」を武器にできない。
私の人当たりの良さというものは何の役にも立たないことを痛感。

みんなスキルとか資格とかキャリアとか持ってる人たちが
このコロナ禍で一斉に職を求めるもんだから、
そら勝ち目はないわ。

なんというポンコツっぷり。

仕事をなめていた結果、心折れる。

それでも単価の低い「文字起こし」というお仕事に応募し、お仕事をもらいました。
が!私はこの仕事をなめ腐っていた。

パソコンさえあれば誰でもできると軽く考えすぎていた。

失敗⓵
動画データをもらい、それを文字に起こすという作業。
いざもらったデータを再生してみたら、1.5倍速くらいで流れた。
タイピングに自信があってもぜんぜん追いつかない。

なんども進めたり戻したりして聞き直さなければ打ち込めない。
当然簡単に細かく戻したり、進めたりできる専用の機械など持っていないため、
行きすぎたり、戻し過ぎたり全然仕事が進まない。

結局指定された納品日を守れなそうだったので、早々に辞退しました。

失敗⓶
インタビュー音声データをもらい、そのまま文字に起こすという作業。
早速データを再生してみたら、ノイズがスゴイ。
さらに、話している人の声がものすごく小さく
パソコンの音量を最大にしてもぜんぜん聞き取れない。

こんなことあんのか。盗聴なの?盗み撮りなの?
会議とか録音するにも、後から聞きやすいように
撮り方工夫するよね?

そんな失礼な文句を言っている場合じゃない。
とにかく何とかしなければ仕事が進まないどころか、始まらない。

よって、どうすれば音声からノイズを除去できるのか、
どうすれば人の声だけを大きくできるのか調べて
「Audacity」という無料ソフトを発見。

即ダウンロードして戦うこと4時間。
結局冒頭の1分も聞き取ることができず、こちらも辞退。

この2回の失敗で、ぼっきりと心が折れました・・・。

嫌な汗をかきながら、どんどん無為に過ぎていく時間に
焦燥感通り過ぎて恐怖すら感じ、もう大パニックだった。

こんな思いは初めてでしたわ。
今まで仕事が辛い辛いと思ってきたけど、
実はかなりゆるーい環境にいたんだなーと実感。

このあと3日くらい落ち込んで使い物にならず、
求人情報を見ずに過ごしました。

意外だったけど、吹っ切れた。

自分がいかにポンコツかわかったところで、
またうつ病の症状出ちゃうのかと思いきや、
なんと心が軽くなった。

え?なんで?なにこれ?
本当にびっくりした。

どうやら、できない自分を認めずに、周りのせいにばっかりしてきて
やたらと怒りまくってたのが”うつ”と疲労感の原因だったらしい。

そしたら、やる気出てきて、また在宅ワークの求人を検索し始めた。
まだ、外でフルタイムで働く勇気はないけど、
在宅なら長時間でもできる気がしてきた。

こうなったら絶対仕事見つけてやる。

あ、さっき「テープ起こしプレーヤー」っていう
文字起こしを行うためにスピード、ピッチの調整、ノイズの軽減
なんかができる、超性能のいい無料ソフト見つけて、
さらにやる気。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。