子育て・教育

息子がADHDとわかるまで 周りの子と何が違うんだろ?

わが子はとっても活発。でも「ちょっと周りの子と違うんじゃないか?」なんて小指の先ほども思っていなかった私。

今思えばADHDに当てはまるところだったのかな?と思うミカクとの日常の具体的なエピソードを書いていきます。

「ADHD」とわかるまで②
ミカクが生まれてから「ADHD」とわかるまでの過程②です。
息子はADHD ミカクの日常 -ADHDって何だろう?-はこちら

◆3歳 ~怪獣覚醒~
このころのミカクの様子をご紹介していきますね。

《目次》
1.止まらない滑らかトークと話を無理やり遮る癖
2.練習が大嫌い
3.まとめと我が家の対処法

3歳になるまで全力でコドモらしさを楽しんできた息子。そんな息子もついに保育園入園。
*:.。..。.:+社交デビュー*:.。..。.:+
ちょっと活発だけど、言うことは達者だし人見知りは一切ないので特に心配していませんでした。

1.止まらない滑らかトークと話を無理やり遮る癖
3歳の言葉の発達度合は、それぞれだと思いますが、発音がはっきりしなかったり、文章が細切れだったりする子が多いと感じました。そこが可愛い(≧ω≦)

しかし息子の場合は
「くも(雲)とくも(蜘蛛)、あの虫のよ?なんで2つあんのよ?(ФДФ)」とか
「おっ母、これをここに置いちゃダメでしょうが!(ꐦФдФ)」
クリアな発音と、3歳にあるまじき語尾がくっついてきて、
まるで「おじさん」と話しているんじゃないかと錯覚してしまうほどの滑らかトーク。

そのギャップに本人はいたって真面目に話しているのに、誰もが笑いをこらえてプルプルしてしまいます(Ŏ艸Ŏ)

私は赤ちゃん言葉を使うことに抵抗があったので、息子に話しかける時も、疑問に答える時も大人と同じように受けごたえしていました。ここまではよかった。

今では別の人と話している最中でも空気を読まず「ねぇ聞いて!!聞いてよ!!(ꐦ>д<)」と全力で遮ってきます。

2.練習が大嫌い
保育園の入園をきっかけにトイレトレーニングを始めました。「昔は1歳でおむつをとった」ときいたので、チャレンジしてみましたがまったく無理でした。
◆おむつ以外のパンツを絶対にはかない。
◆トイレに絶対に行かない。

この2つをさせようとすると座り込み、寝っ転がって暴れまくる。
理由を聞いても「嫌だから!(ꐦФдФ)」の一点張り。
ここからこの顔が増えていきます。ま、1歳だししょうがないかなと思っていましたが、2歳になっても何度チャレンジしてもダメでした。

そして3歳、保育園初日。
帰ってきたその足でトイレに行くと言い出す息子。
半信半疑で一緒に行くも、トイレで上手に用を足す息子。いままでの抵抗はなんだった?お友達との交流はそんなにも大きく影響するのか!と驚きました。
このように「練習をしないのに突然できるようになる」ということがほかにも出てきます。

3.まとめと我が家の対処法
●話を遮る
自分が中心でなければ納得いきません。自分以外の人同士で話していると、
内容がどんなに重要でも割り込んで、無理やり話を聞いてもらおうとします。
<我が家の対処>
怒れば余計に激昂して泣いてわめいて手に負えなくなるので、怒らない。
こちらの話は中断し、満足するまで話をさせます。そのあと、目を見ながら
「話しに割り込むのはいけない」と説明。本人は後日忘れてしまうので、
何回でも説明します。

●練習をしない
練習は息子にとって、興味のないつまらないこと。
うまくできなければ感情的になって「もういい!!」と投げ出してしまいます。
トイレトレーニングも、お箸のトレーニングも、ひらがなの読み書きも、
初めはできなくて当たり前なのに、「もどかしい」という感情に耐えられないのです。

<我が家の対処>
しつこく練習を迫れば、ご褒美を準備しても、なだめても透かしても、それ以降絶対にやろうとしなくなります。よって、放っておく。
誰もが遅かれ早かれできるようになっていることは、筋肉や理解力の発達とともに、練習しなくても勝手にできるようになります。もっとも効果的なのは保育園などでのお友達との交流。ほかの子ができているのを見て覚えるようです。

他の子に比べていろいろなことが「できるようになる」のが遅いと感じるかもしれませんが、気長に待っていると、いきなり2・3こステップを飛び越えてできるようになり、結果周りの子に追いつく、あるいは追い越すこともありますよ。

今回はここまで。怪獣の片鱗が見えてきました。
次回はADHDの診断につながる、決定的なエピソードをご紹介します。

ランキング参加中です。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。