子育て・教育

コロナ休校中の宿題が盛りだくさん!

息子は今年小学校1年生ですが、学校には入学式に行っただけで、それ以降休校中です。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」を全国で解除すると発表されました。やっとですね。ありがたいことです。

休校中に出された宿題をやっていますが、親子ともどもストレスがやばい!そこまで感じるならやらなくてもいいと思いますが・・・。

1.息子がもらった宿題 さんすう
2.息子がもらった宿題 ひらがな
3.アンガーマネジメントで歯周病!?

1.息子がもらった宿題 さんすう
息子は算数プリントとひらがな練習プリントをもらってきました。息子はたしざんが得意ひらがなが苦手。私が小学生の頃の「計算ドリル」と言ったら、計算式がいっぱい書いてあってひたすらに解いていくイメージだったのですが、息子のプリントを見るとほぼ文章。

最初は計算ではなく、何番目」や、同じものがいくつあるのかという数の数え方などの勉強からスタートしていました。確かに、「何番」と「何番目」の違いは教えられなきゃわからない。

息子は勉強に気分が乗っているときに口出しするとヒスを起こすので、宿題の進め方は息子に任せようと思っていました。しかし、ひらがなが苦手なら計算が得意でも解けない!これは一緒にやるしかない。

ですが、息子は問題を読まずにいきなり答えの枠に何かを書こうとします。いくら苦手だからってそりゃ無謀!「どちらかおおいほうに〇をかきましょう」という問題は、枠の中にそれぞれの数を書いてしまいます。「え?だって『なんこあるでしょうか?』っていう問題でしょ?」と譲らず。

強くツッコミたいけどここは優しく!

さらに、「えのこすうだけ〇にいろをぬりましょう(絵の個数だけ〇に色を塗りましょう)」の塗り方が、はみ出しまくっていて〇が■になっちゃっている。で、つい「ちゃんと塗りなよ」の一言を放ってしまって「もうやらない!」と布団にもぐられてしまいました。

上の問題文を息子に読ませると「えーのーこー すーうーだー はぁ?」と呼んでる本人は意味がわからなくなっています。なので、単語ごとに区切って重要なところだけ読ませたところ、理解できるようになってきました。上の文章なら「えの」「こすう」「いろ」だけ指で示して読むだけで求められていることを理解しました。

そして、何とか学校再開までに終了!!「もう!なんで2じゃねぇんだよ!クソ!」と激昂しながらも、「ほらねー♪5だったじゃーん、オレ天才★」とわりと楽しんでいた部分が多かったように思います。ひらがなを読むことに慣れてしまえばサクサク解けるようになるでしょう。そのころにはまた違った壁が立ちはだかっているのでしょうが。

2.息子がもらった宿題 ひらがな
最近は、ユックリではありますが本をよく読むようになりました。しかし書くのはとても苦手。色々調べるとADHDの子は「字が汚い」ということが多く見られるようですね。

息子が字が汚くなっちゃう流れとしては、
⓵文字に興味がないので、字を書くことそのものが嫌い
⓶嫌いだから早く終わらせようと、急いで書こうとする
⓷急ぐから書き始めの位置の決め方が雑
⓸筆圧が強すぎて、時に紙を突き破るwww
⓹1文字書いている間に飽きて字じゃないものを描き始める

これを書いたとき、なんで「芸術的!」と褒めてやれなかったかな・・・。実際に「一生懸命書いたのに、なんで褒めてくれないんだよーーーーー!!!」大泣きしながらせっかく書いた紙をぐっちゃぐちゃに!!。私もオイオイオイオイ泣きました(*꒦ິ⌓꒦ີ)(๑ १д१)。

エジソンの母にはなれん・・・。

ああ・・・完璧主義が邪魔をする・・・。
新1年生で、1回も授業を受けていない今、急ぐ必要など一つも無いと思います。勉強が嫌いになるくらいなら今はとことん目をつぶるべきとも思います。わかっているけど、わかっているけど、ものすごいストレス!!!

3.アンガーマネジメントで歯周病!?
先日冷えた緑茶を飲んだ後、熱いみそ汁を飲んだら、歯全体がものすごくシミました。もともと知覚過敏があったので「シュミテクト」を使っているのに?急いで歯医者さんに行き、レントゲンを撮ると「右上、右下、左下が軽い歯周病ですね。」とのこと。えええええ!糸ようじやって、歯みがき丁寧にして、洗口液も使っているのに!?

理由は「嚙み合わせが強すぎるみたいですね。無意識に歯を食いしばっちゃったりしてます?」と聞かれました。その時はさっぱり思い至らなかったのですが、家に帰ってその日の午後に判明しました。わたしは、息子と一緒にいる時に、頭に来たり、イライラしたり、感じるストレスを暴言に結び付けないように必死で歯を食いしばっていることに気が付きました。最近また感じ始めた片頭痛もこれか!!!

アンガーマネジメントについて調べたけど、一般的な内容をなぞっただけで、自分の生活に落とし込めていなかったかも。
過去の記事はこちら
アンガーマネジメントは絶対必要!

読んでいただきありがとうございました。
次回は「アンガーマネジメント、実践!」です。

ランキング参加中です。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。