こころ・からだ

ストレッチだけで痩せられるのか?

私、太ってしまいました。
いちばん最近で仕事に行っていた時期は、夕食を食べていませんでした。夕飯作って、旦那と子供に食べさせて、自分は食べずに片付けて風呂入って寝る。もう作るだけでお腹いっぱい。でも、1か月前に仕事を辞めたとたん、太った!

1.太る体質?これまでの体重変化
2.肉が垂れた
3.体の節々がギシギシする
4.骨盤矯正ストレッチ
⓵選んだ動画
⓶骨盤がずれる理由は?
⓷骨盤がずれるとどんなことが起きる?

1.太る体質?これまでの体重変化
あぁ、遺伝子検査したい。「太る体質」ってあるんでしょうか?私の場合はストレスからくる過食が原因な気がします。今もお腹いっぱい食べないと気が済まない。

過去の私はおデブでした。幼児の時に足を骨折して3か月歩けない間にガンガン太っていったそうです。小学1年生で身長135㎝/体重40kg。高校3年生がピークで身長154cm/体重71kg。身長から求める適正体重は52.18kg。18.82㎏オーバー!水泳、球技、長距離などなどとにかく体動かしまくって筋肉も相当あったはずなのにこれだ。いわゆる固太り。

でも社会人3年目に1か月で体重が21kg落ちたんですよ、それはそれは不健康な生活で。朝昼晩ろくに食べず、酒ばっかり飲んで、睡眠時間もほとんどなく18時間働きまくっていたあの頃(仕事、また辞めました。その2)。

そんなに痩せた自分、見たことないからもう嬉しかったわー。何着てもシルエットが様になってた。でもこんな痩せ方絶対ダメ。当時入院もしちゃったし、このツケが今現在お肌のボロボロさ、肉の付き方、関節の動かなさなど体に思いっきり出てるから。

1か月前までは体重51kg前後にとどめていました。どうしても51kgから落ちなかったな。しかし仕事を辞めて1か月で56kgやべー!そしてようやっと気づいた40代で如実になってきた体の変貌

2.肉が垂れた
高校生のころは背中も太もももパッツパツだった。若いころあれだけ鍛えていたんだから、たるみとは無縁と信じていたのに、40代前半であらゆるたるみをコンプリート。
(1)Tシャツの上からもわかる脇肉
(2)二の腕のカーテン
(3)ラ・フランスな下腹
(4)ぶよんぶよんの内腿・ふくらはぎ
(5)つまめるどころか握れる背中肉
一番びっくりしたのは、下腹の大きさ。本当に息子がいた時と同じくらいパンパン。

へそあたりが82cm、下腹92cm!!
ひぃぃぃぃ(; ゚皿゚)
なんとかしなきゃぁぁぁ!!

3.体の節々がギシギシする
若いころ、体はやわらかいほうでした。つい2年前まで息子と2~3kmダッシュしたり、激しめのアスレチックこなしたりと、けっこう動けるアラフォーだと思っていた

ところが、このたった1カ月で体中が悲鳴を上げ始めました。
(1)靴下を脱ごうと片足を引き上げたら、太腿の裏と腰が痛む
(2)座っていると、座布団に埋もれるかと思うくらい猫背になっている
(3)立ち上がろうとすると腰と背中が痛む
(4)開脚前屈で手が床に届かない
(5)腕を大きく回すと顔がひきつる
(6)肩こりがひどい
(7)立ち上がった瞬間股関節が痛み、10歩くらい痛みが続く
その他ほうれい線ブルドッグ、毛穴が開いているどころか、顔に穴が開いている。
ひどい。ひどすぎる。老化って怖い。

動けば痛いとこいっぱいあるから動かなくなる→体重が増える→体を支えるのにさらに体が傷む
当たり前の悪循環です。顔は今後改善策を調査していくとして、まずは体。先に書いたように我慢も努力もしたくないので、気持ちよく改善が期待できる(気がする)ストレッチに目を付けました。

ストレッチって、効果によってそれはそれはたくさんあるのですね。脂肪の付き方や体形の崩れは、体の歪みから来ているとか、悪い姿勢が原因とよく言われるので、まずは悪い体の部分を矯正していきたいと思います。

4.骨盤矯正ストレッチ
まずはダイエットサイトなどでよく見る骨盤。骨盤そのものを自力でどうにかすることはできないので、ストレッチでできるのは、骨盤を支える筋力を動かして正しい位置に骨盤を保てるようにするということのようです。

⓵選んだ動画
「骨盤矯正 ストレッチ」で検索したら出てきたオガトレさんです。
理学療法士のオガトレさんが、部分痩せや体の不調を改善するストレッチをYouTubeで紹介されています。肩こり、腰痛、猫背、小顔、そして骨盤矯正などなどたくさんあるのでどれも試してみたいのですが、こちらを選んだ理由はなによりきつそうじゃない

これまでもストレッチ動画見ながらやってみたことは何度もあったのですが、どうも続かない。よく痛気持ちいいところで止めるって言いますけど、なんかそれ以上やっちゃう。きっと選び方が悪いのでしょうが、「オラオラ感」といいますか、無理やりあおられて頑張って伸ばせ!みたいに感じてしまう。オガトレさんのお人柄が柔らかいのがとても大きいと思いますが、ストレッチの内容も自然と「痛気持ちいい」を初めて感じることができるものでした。

続けることが重要だと思うので、まずは2つの動画で毎日ストレッチしていきたいと思います。
ストレッチしても柔らかくならない人へ!【寝たまま骨盤矯正】
「痩せない原因の反り腰」をしっかり解消するストレッチ

⓶骨盤がずれる理由は?
・骨盤を支える筋肉が衰える
・バッグを片側だけで持つ
・片足に体重をかけて立つ
・ハイヒールをよく履く
・かばんやバッグなど、重いものを片側だけで持つことが多い
・足を組む、あぐら、横座りなど傾いた座り方をする
・デスクワークで座りっぱなし
など

⓷骨盤がずれるとどんなことが起きる?

◆前傾タイプ
反り腰と言われるタイプ。股関節に負担が大きく、太ももが張る。お腹ポッコリになりやすい。骨盤が開くこともある。
◆後傾タイプ
お尻が垂れる。猫背・O脚・お腹ポッコリになりやすい。
◆開きタイプ
お尻が横広になり、内臓が下垂しやすくなる。
◆左右傾きタイプ
左右のバランスが悪くなり、肩こり・疲れやすさの原因になりやすい。背骨が曲がることも。

<内臓下垂>
筋力の衰えと骨盤が開くことで、腸が正常な位置から下がってしまうこと。腸が下がると圧迫が起こって血流やリンパの流れが悪くなります。よって、代謝の低下、ガス溜まり、便秘、冷え性、生理痛などが起こります。

私は典型的な反り腰タイプ。腰痛も股関節痛も便秘も下腹ポッコリもこれが原因と思われる!まずは骨盤矯正と内臓下垂の改善をしたいと思います。

ストレッチだけで果たして痩せられるのか!?体質改善なるか!?
定期的にご報告していきます。

次回は、「肩こり・猫背解消ストレッチ」です。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。