仕事

コインランドリー開業なるか!?

コインランドリー開業に向けていろいろと準備をしておりますが、必要な事象が目白押し。なかなかの急激な展開と特殊過ぎる事情のために、誰の参考にもならないんじゃないかと思い始めて書かないでいたけど、そもそもこれ日記のようなものなんだから自分のために書いておこうかなと思い直した。

1.現況
今どういうことになっているかというと、前回のご報告が2021年5月9日に更新した以下の記事。
コインランドリー建設の土地が見つかるかも!?

というところで止まっていました。あれから7カ月以上も経ってたね。その後、2021年11月17日の更新の頃には土地候補が出てきて、業者と選定を行いました。

その結果、最も広い敷地で古い建物が5棟も残っているところに決定!その残った建物のうち1棟が加工工場だったんですけど、給排水・電気設備等既存のものが使えるということで、一から建設しなくていいということになり、大幅に費用が削減できるということが分かりました。

建物は木造で古いけど、むしろ大きな梁などが古民家風のカッコイイものになりそうということです。カフェをやるにもものすごい楽しみ!!

2.補助金申請
土地の選定ができたところで既存建物の改修、ランドリー機器の導入などなどもろもろ見積もっていただいたところ、新規建設より節約できたとは言え、投資額トータル4000万円ととっても大きいもの。

この計画を立て始めた頃に試算したのが5000万円だから、1000万円も削減できて何より。減った原因は土地代が超安く手に入れられるということと、既存建物が使えるということかな。しかし、過去に計算したページを見たら、スタディスペースやらカフェも含めて5155万円だった。今回はコインランドリーだけ。将来的にスタディスペースやカフェは増設していきたいと思います。
コインランドリーカフェ、次は什器やらインテリアの値段を調べる。

そもそもコインランドリーでやっていけるのかというところが重要だが、近い環境の場所にあるコインランドリーに確認すると、しっかり収益は出ているとのこと。頑張ろう。

しかし少しでも融資金額を減らしたいと思い、自分の住む自治体に相談しましたところ、ちょうどよいのがありました。だが、この補助金申請にはそれはそれはキビシイ条件があった。
⓵申し込み締め切りまで2週間しなかない
⓶土地の契約書の写しか、土地を取得できることを証明するものを添付
⓷融資審査が通っている

まじかよ!!!自己資金0円で開業は無謀過ぎってことだよなぁ・・・。皆様には少しでも自己資金を揃えてからチャレンジすることをお勧めいたします。(当たり前か)
今やっと全体的にかかる金額が分かってきたというところなのに、このハードルを越えられるのか!?

3.土地の取得
古い建物がたくさん残っているから買い手がなかなかつきにくいとはいえ、もたもたしている間に誰かに買われちゃったら、すべての計画がご破算。

不動産屋さんからは「費用は確実に調達できます」って証明が無いとダメよと言われました。そりゃそうだよ。でもここ以外に適当な土地はもうあり得ない。

今回の土地は実家から徒歩5分のところ。最近の母は物忘れがさらに進行してきた様子。アルバイトで少しいただいていたお仕事もうまくできなくなってきたので、それも辞めてしまった。根っからの楽観主義でいつも明るい母は、いろんなことを忘れてしまったり、仕事がうまくできなくて人に迷惑をかけちゃっていると、落ち込む発言が増えてきた。

そんな母と小学生の息子を看ながらできる仕事はやっぱり自営業が最適だと思ってる。なんなら母にも毎日ランドリーに来てもらって、仲の良いご近所さんとお話ししたり、庭の草木を整えたり、大好きなお花を生けたりしてもらえたら。

ということは、補助金申請するにはまず融資審査を通す必要があるってことね。

4.融資審査
割と収支計画書とかを作るのは得意だけど、コインランドリーの収支は全く分からず。そこで、今回建物改修、機器の導入などすべてをお任せする業者さんに「補助金申請期限が2週間後なんです!!収支計画書と見積書をお願いします!!」って無茶を頼むと、快く引き受けてくれ、創業時の損益計画と、返済期間でもある20年間の収支計画を超短期間で作成して送ってくれました。本当にありがとうございます!!

融資と補助金交付申込みに必要な情報はほぼ同じでした。
⓵計画している事業内容と創業動機
この事業を長く続けていこうという熱い想いを込めまくって、具体的に記入するといいらしいです。実際に何が何でもこの事業をやりたい私はガッツリ書いてみました。ものによっては、提供されるフォーマットでは想いがあふれ出てしまう場合、別紙で添付するのが効果的みたいですが、わたしはそこまでしていません。大丈夫かな?

⓶販売先・仕入れ先
現時点で固い顧客がある場合は記載します。コインランドリーは一般顧客がメインなので、そのように記載。

⓷創業時の投資計画と調達方法
ここでは設備資金と運転資金を千円単位で大まかに記載し、それを賄う資金の調達方法を記載します。私の場合、金融機関融資と補助金のみ。こう書くと無謀だな。でも親子3人世帯で年収400万円で預貯金もキツイわ。年収200万円~250万円の人が低所得者に該当すると何かで見たから、そう遠いものではなくて寒気する。

⓸損益計画
創業年の損益がいくらで、向こう20年のはいくらでというのをバッチリ業者さんが作ってくれたので、それを元に必要項目を記載し、添付資料としても提出。

これで来週1週間くらいで不備などを修正し、金融機関も自治体も稟議が通れば!!!って年末年始なんだよ!!!何とか間に合ってくれー!!!!

結果は次回。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。