仕事

コインランドリー建設の土地が見つかるかも!?

この1.5カ月でかなり変化があったんで、立て続けに書いておりましたが、
最後の一つに書くほどの進展が無くて、書いてませんでした。
が、少しだけ動いたんで、備忘録として書いておこうかなというところです。

1.体重激増!!!でも痩せるかも!?
2.家計を見直せ!
3.息子も私も狂暴化!!
4.コインランドリー建設の土地が見つかるかも!?

前回は息子の発達障害に関するフェーズが変わったという話でした。
息子も私も狂暴化!!

4.コインランドリー建設の土地が見つかるかも!?
(1)コインランドリー建設候補地
(2)コインランドリー建設費用の資金調達
(3)事業計画書の作成

今回はいよいよ個人事業主への道、コインランドリー開業に向けてたった1歩だけ前進しました。というお話しです。
4.コインランドリー建設の土地が見つかるかも!?
(1)コインランドリー建設候補地
今のところ噂レベルですが、大きな通りに面した広めの土地が格安で売りに出るかもという話を聞き込みました。これはもう候補地として動いちゃうぞ!!

なぜ今まで何もしていなかったかというと、候補地が見つからなければ建物の規模や可能な事業がわからないため、事業計画が立てられず、融資を受けられないからです。

これで少しは動ける!

(2)コインランドリー建設費用の資金調達
⓵政策金融公庫
コインランドリーを開業するにあたり、自己資金がまるでないので借り入れを考えています。
まず、借りることができるところをいろいろ調べたところ、「政策金融公庫」というところの「創業融資」がとても良さそうだったので申し込もうとしました。何が良いのかって、
・無担保・無保証人で利用できる
・2.01~2.55(無担保・無保証人の場合)
・融資限度額:3,000万円

調べると、借り入れのためのハードルはさほど高くなく、申請すれば審査が通りやすいということで、すぐさま申し込もうと思いました。

しかし、問題は返済期限が短い!
運転資金:5年~7年、設備資金:5年~10年
無理でございます。自己資金0で開業しようというのが無謀なのでしょうが、それでもやりたい!だから、政策金融公庫は断念しました。

⓶地元の金融機関の融資
話によると、最近は新規創業者への融資に力を入れているらしく、政策金融公庫と同じくらいの金利で借り入れが可能だとのこと。しかも、返済期間は30年くらいいけるらしい。これはお願いするしかない!

(3)事業計画書の作成
土地が購入できるのかまだわからないからと言って、また何もせずに無駄な時間を過ごすよりは、ひとまずこの土地を候補地として事業計画を準備していこうかな。しかし、我が家の周辺にはコインランドリーがありません。まるで収支の見込みなど立ちません。

ちなみにフランチャイズじゃなくて個人営業を考えています。初期投資は高いだろうけど自由度高いから。

一度、あるランドリー機器メーカーさんに開業の相談しようとしたところ、「営業から電話させまーす」と言って、その後一切電話がかかってこなかった。利益が出る見込みがないのか!?と不安になりました。

それでちょっとヘコんだんで、しばらくたってから「我が家の地域と似たような立地条件でコインランドリーをしている企業さんを調べてみよう!」とインターネットで検索すると、2軒ほど出てきました。さすがにそのオーナーさんに「経費いくらくらいっすか?年間どのくらい儲かってます?」って聞くわけにもいかんでしょ。そこまでずーずーしくなれない。もともと人嫌いだし。

で、そのお店のオープンリリースを見ると、機器の写真が!グイグイ拡大したらメーカーさんがわかったので、その日の夕方に電話してみました。
私:「〇〇の地域にコインランドリーを出店されているところが、御社の機器を導入されているようなんですが、▽▽(私の住む地域)でも出店できます?」
メーカー担当さん:「こちらは機器のメーカーなので、販売店の営業担当からご連絡します。」と回答をいただきました。

ああ、また電話来ないのかなぁと思っていたら、翌日担当さんからお電話が!
販売店の担当さん:「〇〇の地域で出展されたお店は両方とも私が担当させていただいたんですよ!温暖湿潤気候なんで、とにかく乾燥機の稼働が止まらないんですよ!!だから需要は十分にあります!!配送や建設のノウハウもあるんで、ぜひお付き合いさせてください!!」と猛烈なプッシュをいただきました。担当さんがやる気じゃないとマジで不安になるものです。この担当さんは良さそう。アフターフォローも頑張ってくれそう。

金融機関の担当者からは、「融資には何よりも事業計画書が重要なので、早めに作成してください。」と言われました。
これがマジでわからない。この近辺での前例もないし、その業界で働いたこともないし。まあ単なる勉強不足なんですが。

だからその販売店の担当さんに、正直に「何にもわからないけど事業計画書を作りたい。」と言ったら、素晴らしい収支シミュレーションと図面まで作ってくださいました!

本当にありがたい。建設費、備品費、広告費等で大体3500万円です。給排水設備の確認や、台数の確定など、細かいことは土地の取得が決定してからだけど、これは超大きな一歩だ!

しかしこれはコインランドリー施設のみの事業計画書で、私の理想は喫茶スペース、キッズスペース、スタディスペースも併設するというもの。まだまだ費用がデカくなるはずなのに、そもそも自己資金は0円に近いところでスタートしようとしている。

これは資金調達について、融資だけを考えていてはダメだ。
そこで、補助金、助成金、クラウドファンディングなどについて、もう一度本腰入れて調べることにしました。

まずは東京都の「創業助成金」を狙うぞ。

こちらはまた次回。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。