こころ・からだ

だから「ズボラ」になるんじゃないか? ~価値が無いからやらない~

私はガサツでズボラな完璧主義。こう並べると なんて厄介な女なんでしょう(笑)そもそも何が「ズボラ」なのか、どうして「ズボラ」なのか、なんでなのかー!?

1.わたしのズボラなところ
2.ズボラ=めんどくさい=価値が無い
3.「ズボラ=恥ずかしい」とやっと気づいた
4.ズボラ女のズボラ改善 ヘアセット

1.わたしのズボラなところ
「枚挙にいとまが無い」恐ろしい言葉です。改善のためには知ることが最も必要だと思います。心萎える前に考えてみよ。

<身体編>
・髪をブローしない=ドライヤーを使わない
・爪は切るだけ、磨いたことない
・銀歯3本
・ゆるゆるファッション
・お肌ボロボロ
・かかとガビガビ
・顔の筋肉(表情筋)ガチガチ
・脇眉腕脛むだ毛ボーボボ




やめたい。恥ずかしすぎる。でもまだまだあるよ。

<生活編>
・スマホはカバー無し(ヒビあり)
・本をボロボロにしてしまう
・大皿料理が多い
・財布をよく失くす
・布団を畳みたくない
・食器は次の食事の準備前まで洗わない
・お風呂のシャンプーなどの容器がヌルヌル
・ほこりが溜まっているところがある
・有機野菜や泥付き野菜を使いたくない
・物を投げる(ゴミ、洗濯ものなど)

本当に恥ずかしい(||゚Д゚)ヒィィィ!
仕事をしていたころは、気づいても見て見ぬふり。これが「マズイことだ」と感じる神経をシャットダウン。やるべきことは山ほどあるのに、これらを考えるなんてできない。それほど追い込まれていたんだなーと思います。

2.ズボラ=めんどくさい=価値が無い
なぜ身だしなみを整えたり、品のある動きをしないのか、それは面倒だから。なぜ面倒だと感じるのか。そこに価値を見出せないから。ひとつずつ価値を考えてみます。

■見る人はいない
ひとつずつ考えるまでも無かった(°∀°;)。原因は私に注目する人はいないという思いです。もともとブサイクなわけで、これまで容姿で勝負したことがなく、とりわけズボラな部分をへこむほど指摘されたこともなかったので、これらを整える必要性を感じてこなかったのです。

■仕事は容姿ではなく、結果で勝負
寝る間も食べる時間も、家事・育児の時間も、自分の時間をほぼすべて仕事に費やすことで結果を得てきたので、それ以外のことに労力を費やすことがむしろ結果を得られなくなる恐怖にすら感じてしまった。当然心も体も疲労困憊しているので、他の事を考える余地など皆無でした。

■運動しないから体が動かない
何をするにも普段使う体の動きとは異なる動きが必要になるため、どこかに痛みやだるさが常に伴っていました。布団の上げ下ろし、サッシのレールの掃除、換気扇の洗浄、すべて腰と背中に痛みが走る。ワキ毛の手入れなど、10秒も腕を上げているだけで顔の筋肉までひきつる始末。通常とちょっとでも違った感覚や感情が発生することが嫌で嫌でたまりませんでした。

当たり前にやるべきことをやるキャパシティが足りていなかったようです。状況はどんどん悪化していき、ついに家事も仕事もできなくなっちゃいました。これを機に「やらなければならないこと」のほとんどを放棄してみました。

3.「ズボラ=恥ずかしい」とやっと気づいた
仕事をやめ、極力人に会わず、最低限の家事だけしていたら、心に余裕ができてきました。するとあるとき、鏡が現れた。いや、存在に気づいた、これらの悪しき習慣を映す鏡の存在に(゚Д゚;∬アワワ・・・。その鏡とは、「息子」。そう、この悪しき習慣を誠実に再現する小さき分身がそこにいたのです!

コロナ休校もあって、ほぼ24時間息子と一緒にいたので見ていると、ゴミはゴミ箱に投げる、持ってきてと頼んだものを投げる、言葉遣いが荒い、髪の毛が跳ね散らかってても気にしない。さらに、この小さき分身は私のズボラな要素をひとつひとつ指摘し始めたのです。人のことは気づく・・。

◆息子からのご指摘
・母ちゃんのかかと、石になってきてんの?
オレの頭も石でできてるらしいよ☆(この石頭)
・ワキが♪ワキが♪草ぼーぼー♪(大喜び)
・腹肉ぎゅむ~(大喜び)
・ここにホコリ落ちてるけど?ここも、ほらここにも。
・母ちゃんの顔に穴あいてる(たるみ毛穴)
・・・・数え切れず。

この攻撃によるダメージは想像以上。自分だけならひとつも気にならなかったのですが、息子が真似してしまう、このまま私が外に出ることで息子が恥ずかしい思いをしてしまうと感じ、息子に指摘される私自身をとても恥ずかしくなりました。やっと改善しようと思い始めました。

4.ズボラ女のズボラ改善
全部やろうとするとまた病んじゃうので、できることから始めました。そのままやるのが面倒くさいなら便利グッズに頼りまくればいい。
(1)ヘアセット
私の髪はやわらかく、細いうえに軽くカールがかかっている天然パーマ。長く伸ばすと、自然にゆるふわウェーブになるので重宝しますが、3カ月前に短く切っちゃった。しかし緊急事態宣言中は美容院に行くのを控えていたところ、襟足があっちこっちに跳ねまくって収拾がつかない状態。

行きつけの美容院に行き、まずは襟足を揃えてボブに。あまり毛先を遊ばせず、まとまりやすい状態にしてもらいました。これまでブローなんてほとんどしたことがないので、ドライヤーをあてながら後ろをブローするなんてどうやったらいいのかさっぱりわからない。ちらりとYouTubeでしらべてみたら、めっちゃ工程多くて時間もかかる!これです。わたしがズボラになる理由は。工程が多くて時間がかかるから面倒くさくてやりたくないんです。ここに時間をかけるくらいなら、同じ10分で英語の勉強がしたいんだよ!

⓵タオルドライ
髪を乾かす前に、タオルでしっかり水分をとることが必要だそう。しかし、ズボラな私はバスタオルでバサバサゴシゴシ。これでは髪の表面が傷ついてしまいます。

正しい方法は、タオルで髪をはさんでポンポンと軽くたたく感じ。頭皮はこすらないようにマッサージ。しかし柔軟剤でコーティングされた合成繊維のタオルではまるで吸水せず。髪を拭いた後、冷たい水が付いたタオルで体をふくのも嫌いなので、いつも2枚使っていました。そこで出会ったのが

Cozyone ヘアドライタオル
肌触りが良いのに吸水力も良い!また、3枚色違いのセットでお手頃な価格なのもうれしいです。何度か洗ったほうがより吸水力も肌触りも良くなるようです。
Cozyone ヘアドライタオル デイリータオル ビッグフェイスタオル ミニバスタオル 吸水 速乾 マイクロファイバー 大人も子供も使える 100×40cm (4色4枚セット)

⓶洗い流さないトリートメント
ブラシの摩擦やドライヤーの熱から髪を守り、まとまりを出すため洗い流さないトリートメントを髪にまんべんなくなじませます。

⓷ドライヤー&ブロー
私の髪はボリュームがないので、仲良しの美容師さんに「下を向いて乾かすといいよ」と言われたのでやってましたが、そのあときちんとブローしていなかったので、うねるし毛先があっちこっちするしでドライヤー使わなくなっていました。

ちゃんと動画などで勉強してみると、顔の真ん中に向かって毛を流しながらドライヤーをあててざっと乾かし、その後ブラシで内側に毛を巻いてしっかり引っ張りながら丁寧にドライヤーをあててブロー。やり方が全然間違ってたし。この工程は面倒くさい。だから、

Wirhuat カールドライヤー
私にみたいに右手にブラシ、左手にドライヤーが難しいなら、一緒になってるやつを使えばいいんだ♪これなら簡単にツヤさらヘアになれるんです!しかも、こんなにお安いのに電気熱風ブラシヘッド1本、マッサージブラシ1本、火傷防止のグローブもついてます。さらに、熱伝導率の良いセラミックコーティングで素早く髪を乾かしてくれるし、ダブルマイナスイオンを発生させて髪の潤いも守ってくれる!便利なものがあったもんだわ。
Wirhuat ヘアドライヤー ロールブラシ カールドライヤー 【5 IN 1】 多機能電気熱風ブラシくし マッサージブラシ マイナスイオン 交換ヘッド付き 静電気防止 海外対応 プロ仕様 ヘア アイロン

 

読んでいただきありがとうございました。
今回はズボラ身だしなみのひとつ、「ヘアセット」の改善でした。また改善できるグッズが見つかったらどんどん使っていきます。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。