こころ・からだ

か、か、か、「過換気」発症!!

ホントにびっくりしました。過換気(過呼吸)、初発動です。

1.お医者さんにかかるまでの症状の推移
ここ2週間くらい毎朝のことなんですが、旦那と息子を送り出して、洗濯物干し終わって一息ついたら、なんだか息が苦しいような気がしたんですね。胸を開くストレッチしたり、パンチングボールで運動したりすると治っていたんで気にしていませんでした。

しかし今日の苦しさはちょっとすごかった。息は吸えている、肺が膨らんでいる。しかし酸素が入ってきていない気がする。必死で吸うも酸素が入ってきていない!しかも30分経っても1時間経っても治らない!

そのうちにだんだん手先がピリピリしてきたかと思うと、あれよあれよという間に肘までピリピリが上ってきて、手首から先が硬直し始めた。怖い怖い怖い!!!

とにかく体温計って、近くのかかりつけ医(内科)の先生にきいてみようと思いました。もう立ち上がった瞬間に頭がぐらぁって揺れて、座り込まないようになんとか踏ん張って携帯で電話。指が固まっちゃってるからダイヤルパネルが押しにくい。「診察時間内に普通に来ていいよ」ということなので、ゆっくり歩いて行ってみました。

受付して、待合室で待っている間が辛かった。両まぶたはビクビク痙攣しっぱなし。しびれが肘から二の腕に、股関節から膝裏にかけて、さらにお腹と背中にも広がって、ああああ体が沈みこむぅぅぅ。こんな全身痺れたことないし!もう声を出すのも、眼を開けるのも嫌。心の中で「お願いしますぅぅぅ早く診てくだされぇぇぇ」と祈っていると、やっと呼ばれました。

で、手首から採血と胸のレントゲン撮影をしました。注射とか採血とか嫌いじゃないんですけど、手首採血は奥の方でぐりぐりってところが痛かった。いまだにちょっと痛い。2つの結果はまるで問題なしでした。血中酸素濃度も十分あり、血圧も正常。肺もキレイなもんだそう。

思い当たる節がありまくるなぁと思い、先生に「ちょっと仕事始めようと、履歴書描いたんですよ。あとは、息子と大喧嘩することがちょっと多かったですかねぇ。そこくらいからどうも息苦しくなり始めたような気がするんですね。そうそう、3か月くらい前に『適応障害』の診断もらいましてね、仕事辞めたんですよ。」と痺れながらもダラダラと説明。

医師の先生は専門である内科に異常がなかったので、明確に「これが原因」とは言わず、「それだけ客観的に説明できて、まだここに来れるくらいだったから、しばらくすればよくなるかもね。ちょっと様子見て見ますか。」とのことで薬もなし。

2.経過
お医者さんから戻ってから5時間、とにかく息苦しいのと痺れは待合室がピークだったようで僅かに良くなったものの、まだ続いていました。なので、家事や在宅ワークを一切放棄し、とにかくひたすら横になって目を閉じる。で、心の中で、ストレスの原因がなんであるのか考えながらゆっくり深呼吸を続けました。すると少々良くなった。

そうしているうちに旦那が帰ってきたので、状況を軽く説明しました。で、「とりあえず家事も在宅ワークも自分がやりたいときにやりたいようにやるから、ちょっとほっといて」と言ったとたん、スゥーっと肺に息が入った!!さらに痺れもなくなった!!!ああ、なるほど、原因が分かったかも・・・。

3.過換気(過呼吸)の原因
息苦しくて寝ている間に、じっくり自分と会話をしながら考えうる原因を考えてみました。まず最大の原因は「ストレス」だと思います。じゃ、何にストレスを感じていたのかということですね。

ただいま、仕事辞めて3カ月半くらい。好きな時にちょっと在宅で仕事して、退職金で焦りを感じることなく好きに暮らしてきたように思っていましたが、仕事をしていた時よりもストレスを感じていないと思っていましたが、心は前の強さを取り戻してはいなかった。いや、これって「仕事再開に焦ってなんていない、息子は可愛い、旦那はできた人間、ストレスなんて感じていない」と自分で自分を騙していたってことですね。あぶねー。怖・・・。

で、結論ですが、旦那に対してストレスを感じていました。さらに、それを隠そうと頑張っていました。なにせ、私は家で好きにやっている間、旦那は外でお仕事しているわけですから、なるべく文句も言わないようにしたかったんですよ。でもね、あの「緊急事態宣言中、夜釣り行きたい事件」以来信用できなくなっちゃったみたいです。時が解決すると思っていたんですけどね・・・。

⓵息子の特性について
息子がADHDと診断をもらった直後くらいに、この特性についてよく話したほうがいいと思い、会話に持ち出したんですが「オレは難しいからいい。勉強も見ない。」と言われました。要は、息子の特性について関知しない、理解しようともしない、教育についても携わらないという宣言です。

これ、夜釣り事件より前のことなんですが、これでも実は大きく信頼を失っていたんですよね。でも私は「自分で選んだ旦那だし、息子は何にも悪くないし、頑張ろう!」と思いました。

いや、せめて仕事辞めといてよかった!!仕事辞めてなかったら完全に病んでた・・・。今でも親子ともども辛いことはありますよ。でも「自分とよく対話する時間」が持てただけでもなんとかなってきました。しかしそうもいかなくなってきた。

⓶コミュニケーションが無い
旦那はテレビ大好き。家にいる時間はほぼすべてテレビ見てます。だから会話がほぼない。さらに、自分は察しないくせにけっこう「察して」というオーラを出してきます。これが私は苦手。言いたいこと、やりたいことはハッキリ言え!という性格です。もっと私の性格が優しかったらコミュニケーションもスムーズにいったんでしょうが、今更です。

本当に小さな、些細なことも声に出して共有したほうが絶対いいと思いました。私が今どうしても許せないことがいくつかありまして、

⓵食器の重ね方
やってもらっといて文句言うのか!って思われるかもですが、「2度手間になるくらいならやらなくていい」と思います。だって、「やってもらったんだから感謝しなきゃ」「やってくれているだけありがたい」と思わなきゃいけないってどうよ・・・。2回ほど「大きい皿は下に入れてくれるとありがたい」とやんわりお願いしてもやってくれないんで、正直、皿の位置を組み替えてイライラするくらいならやってもらわなくていい。

⓶泥野菜をどこにでも置く
畑で野菜が採れるなんて感謝しなきゃ!と思ってましたが、アレルギー体質の私は、自然が敵。ツルツルピカピカのものしか取り扱いたくない。キレイに磨いた床に、泥だらけの野菜入りバケツ何て置かれた日には・・・。これまで我慢して何度も洗ってたけど、2度手間3度手間は耐えられない。

⓷家の中に石やら砂が落ちている
ポッケやまくったズボンの裾などに石や砂が入っていて、はたかずに家に入るので、そこら中石やら砂やらが落ちていることがあります。子供か。

⓸脱いだものが片っぽだけ裏返し
表にするか、完全に裏返しかどちらかならいいんです。でも、「わざとか?」と思うくらい片方の袖、片方の足だけが裏返しになっている。

⓹トイレが汚い
トイレした後がすごいことになっている。毎回です。詳しくは書きません。ご気分悪くなる方がいらっしゃると申し訳ないので。

おそらく、日々の生活や行動の「仕組み」や「理由」を考えないんだと思います。ま、こんなの考えていたら面倒くさいと言われてしまうかもしれませんが、掃除も洗濯も食器洗いも子育ても最短距離で最善を目指したくないですか?余裕なさすぎ!?価値観の違いはデカい。でも、調子よくなるまでどんなに細かいことでも言うことにしました。旦那、ごめんよ。

なんか書いてたらしょうもないことに思えてきたな。今や呼吸もスムーズ、痺れも皆無。こんなもんか。人間観察大好きなので、人のことはよくわかるんですけど、こんなにも「自分のこと」はわからないもんだと初めて知りました。そして衝撃だったのは、「自分で自分を騙す」ということ。いくら自己防衛本能というものがあるからって、自分を騙すか・・・。ま、騙しきれなかったから体調がおかしくなったんですけど。ストレスフリーな生活のためには、より深く自分を知ることが必要ですね。

最後に「過換気」について
<過換気>
呼吸が深く、早くなること。激しく吸ったり吐いたりすることで、血中の二酸化炭素濃度が放出されて、炭酸ガス濃度が低くなると、血液がアルカリ性になります。そうすると血管が収縮し、痙攣や痺れ、動悸、筋肉の硬直、意識障害などの症状が起こります。血液中の炭酸ガス濃度を高めようと、脳が呼吸をさせようとするために、息苦しいと感じてしまうようです。原因は、不安、緊張、パニック障害の発作、ヒステリーなどがあります。

症状を緩和するには、血中の二酸化炭素量を増やす必要があるので、吸うより吐くことを意識する、気持ちを落ち着けてゆっくり深呼吸をする、腹式呼吸をするなど。しかし、苦しい時にゆっくり息をするとか、本当に辛かった!!私にとって一番効果があったのは、心の苦しい部分を取り除くことでした。

明日、もう少し楽になってるといいなぁ。どだればちでも聞こう。

ランキング参加中です。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。