こころ・からだ

お肌にハリを与える保湿成分、なにがいいの?

毛穴のトラブルは黒ずみ、詰まり、開き、たるみといろいろありますが、私の場合は「たるみ」です。左官職人のごとく毎日コンシーラーを塗り込んでいますが、できれば元から直したい!こいつを改善するにはどうすれば?

1.私のサイズ 2020.7.10~7.13
2.毛穴たるみの原因
3.保湿成分
⓵コラーゲン
⓶ヒアルロン酸
⓷セラミド
⓸グリセリン
⓹番外:エラスチン

1.私のサイズ 2020.7.10~7.13
痩せないねぇ・・・。

項目7/10
(金)
7/11
(土)
7/12
(日)
7/13
(月)
体重(A)
(kg)
55.6055.7055.5055.30
体脂肪率
(%)
29.6030.2030.9030.40
適正体重(B)
(kg)
52.1852.1852.1852.18
(B)-(A)
(kg)
-3.42-3.52-3.32-3.12
筋肉量
(kg)
36.9036.6036.1036.60
BMI23.4423.4923.4023.32

 

部位7月13日7/5との差
バストトップ84.5cm±0.0cm
バストアンダー78.0cm±0.0cm
ウエスト77.5cm+1.0cm
下腹91.0cm±0.0cm
ヒップ91.0cm±0.0cm
二の腕左26.0cm-0.5cm
二の腕右26.0cm±0.0cm
ふくらはぎ左33.0cm-2.5cm
ふくらはぎ右33.5cm-1.5cm
太腿左53.0cm+0.5cm
太腿右54.0cm+0.5cm

 

2.毛穴たるみの原因
⓵皮脂の過剰分泌
ホルモンバランスの乱れ、肌の乾燥、ニキビ跡、合わない化粧品が主な原因です。

「毛穴詰まりを防ぐには朝もしっかり洗顔すること」と書いてあったのをWEBで見たので、朝もしっかり洗顔したら、翌朝よけいに毛穴がデカくなっていてびっくり!

もともと毛穴詰まりも黒ずみもなかったので、どうやら皮脂を洗い流し過ぎて、肌が余計に皮脂を出そうと頑張ってしまった結果のようです。次の日から朝は水でしっかり洗うだけにしました。

⓶肌の乾燥
これには全然気づかず、全然ケアしてきていませんでした。今更後悔しても遅すぎた。本当に保湿は大事です。肌がたるんでしまってから元に戻すのは至難の業。若いうちにしっかりケアすることがとても重要だったと、40代になって気づきました。

⓷合わない化粧品
敏感肌のため、なかなか自分に合う化粧品に出会えず、上手にケアできていませんでした。安い化粧品だと肌がピリピリ、カサカサ、赤みができたりしても我慢して使い続けていましたが、全然ダメ。でも裕福でもないので、高い化粧品を買うことができずここまで来てしまいました。

⓸加齢
30歳くらいから急激に来ましたね、肌の老朽化。ひどいものです。マッサージも保湿も何もしてこなかった肌は一気に重力に従って下がりました。それと共に毛穴がびろーんと伸びまくり。もう恥ずかしくて悲しくてやり切れません。最近1日に2回、ゴリゴリマッサージするようになってから少しだけほうれい線が消えました。1か月前は完全にブルドッグだった。

3.保湿成分
汚れは落とせていて、皮脂はこれ以上取ると過剰になりそうなので、私のたるみ毛穴を補修するには「保湿」が一番のように思います。そこで、数ある保湿成分について、調べてみたいと思います。

⓵コラーゲン
◆表皮の下にある真皮、骨、じん帯などをつくるタンパク質のひとつ。ヒトの体内の総タンパク質量のうち、コラーゲンは25%を占める。軟骨の弾力性はコラーゲンの機能の一つ。
◆期待できる効果:コラーゲンを口から摂取すると、アミノ酸に分解され、体内で「コラーゲンが不足している箇所」でコラーゲンをつくれというシグナルになります。さらに酵素分解された「コラーゲンペプチド」として摂取すると、より体内への吸収率が高まります。
◆利用方法:サプリメントとして摂取する。

⓶ヒアルロン酸
◆ヒトの体内では、眼球、皮膚、軟骨などで重要な役割を持つ。
◆期待できる効果:化粧品として皮膚に塗ると保湿効果が得られ、肌の水分量や弾力性が向上する。
◆利用方法:関節などに注入する。皮膚に使用する場合、ヒアルロン酸は親水性なため、皮脂にはじかれるので、皮脂を落してから塗る方が効果が高いと思われます。

⓷セラミド
◆細胞膜に高濃度で存在する脂質のひとつ。セラミドは体内で作り出すことができず、年齢とともに減少します。
◆期待できる効果:皺の改善、肌のハリを保つ。
◆利用方法:洗顔の際に流れ出たり、乾燥によって減少することを防ぐフォームを使うことが重要です。また、配合された化粧品を使って補います。

⓸グリセリン
◆アルコールの一種。甘味料、保湿剤、保存料などの用途があり、アレルギーがほとんどないことから広く利用されています。
◆期待できる効果:保湿・吸湿力が高いうえに刺激やアレルギー反応がほとんどないことから、敏感肌用化粧水などに使用されます。
◆利用方法:多くの化粧品に使用されています。また、化粧水を手作りすることができます。

⓹番外:エラスチン
◆コラーゲンの繊維を支える繊維。ヒトの体内では、動脈に50%、肺に20%含まれる。年齢とともに皮膚や血管から減少し、皺の原因などになります。
◆期待できる効果:現在、研究段階のようで、ラットを使った研究では、経口摂取したラットは血管や皮膚が滑らかでしなやかになるという結果が出ているようです。
◆利用方法:現在、経口摂取できるサプリメントが市販されていますが、まだまだ研究が続いています。

プラセンタも調べましたが、科学的根拠はいまのところはっきりと発表されているのかわかりませんでした。この中で即効性が高そうなのは「ヒアルロン酸」だと個人的には思いました。まずはヒアルロン酸とコラーゲンペプチド配合の化粧品など探して試してみたいなと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。